信州の旅   2003/8/2〜5
 
HOME 乗鞍岳 篭の登山 入笠山 里山ガイドへ

                                     
8/2 高松〜高山〜鈴蘭高原
8/3 乗鞍岳〜北軽井沢
8/4 軽井沢〜篭の登山〜池の平〜小諸〜富士見台高原
8/5 入笠山〜高松
                        

花の山を訪ねて、真夏の信州路を巡る。
高山植物の時期は少し過ぎているようだが、どこかで可愛い花たちに会えるだろう。

2003/8/2 7:00 高松出発
高速料金節約のために、高松中央から岡山経由で行く。(明石経由より1600円くらい安い。)

13:00 飛騨高山着
暑さと疲れで、頭が朦朧。駐車場の壁にバックでもろにぶつける。
背面タイヤの付け根が大きくヘッコムが、見た目では解らない。
気を取り直して高山見物。


     


高山見物を終えて、鈴蘭高原に向かう。
細い山道を一時間あまり走ると、スキー場や別荘地が広がる。
その中に6〜7軒のペンション村があった。
標高1300mの林の中にあり、気持ちはよいが見晴らしはあまり良くない。
温泉券付きコースを申し込んでいたので、早速温泉に向かう。
『日本一の炭酸泉『ひめしゃがの湯』というふれこみであったが
車で30分以上走ってほとんど山から下りた所に温泉はあった。
これなら入浴券を送ってもらっていて、来る時に入れば良かった。

ペンションに泊まるのは初めて。
5〜6組の家族と一緒に食事。
最初は少し緊張しながら食べたが、お酒が入る頃になると大きなテーブルで雑談しながら
それぞれの旅の話などお聞きする。
食事は、オーナーの奥様の手作りでとても美味しかった。







朝陽を見ようと起き出すが、誰も起きていない。
入り口は開けっ放しなので、鈴蘭高原の見晴台まで出かける。
あんまり天気は良くないが、浅間山の方向から朝日が昇った。
「浅間三筋の煙」が赤く染まって美しい。
御岳山や乗鞍が顔を出している。
今日のお山の天気は何とか大丈夫のようだ。